インターネットラジオ、はじめました!

最終週の火曜日12:30頃スタートの「ハッピーママサロン」では、子どもの本とおもちゃの専門店「百町森」の店主が、子どもの成長に必要な選りすぐりの本やおもちゃを紹介してくれます。

子どもの本とおもちゃ 百町森

「百町森」は静岡市葵区にある子どもの本とおもちゃの専門店です。
新静岡セノバ、バスターミナルから裏路地を東に歩いて3分くらい。
「子どもは遊ぶことで成長する」という考えのもと、キャラクターものでも「知育」でもない、ロングセラーの絵本や木のおもちゃをそれぞれ5,000種ほど置いています。
子どもの成長を助け、遊びに集中できる落ち着いた環境づくりのお手伝いもしています。
また、絵本、おもちゃに関したパンフレットをオリジナルで沢山つくり、子育てや保育に関した文化、情報の発信地になれるように日々努めています。
<子どもの本とおもちゃ 百町森> http://www.hyakuchomori.co.jp

本の読み聞かせ

2017年7月25日放送

放送を聞く

アクアプレイ

アクアプレイはスウェーデンの幼稚園の教師をしていたブリット・ダールグレンさんが1977年に考案しました。水路をつなげて水を入れ、パドルを回して流れを作ると、船が動きます。木製レール列車の遊びを水遊びにしたものとも言えますね。レールを水路に、列車を船に変えて、水を使ったごっこ遊びが展開します。レール列車と同様、パーツを買い足したり、組み替えたりすることも可能です。狭い場所でもスケールの大きな遊びに発展させることができます。ただの水遊びで終わらないのが、このアクアプレイのすごいところです。

ここがおすすめ!
・水密性が高い ・コンパクトに収納できる
・無毒でリサイクルできるプラスチック(ポリプロピレン)
・拡張性が高い
・小さい子から大きい子まで遊べる

▼ 詳しくはこちら
http://www.hyakuchomori.co.jp/toy/c/outdoor/aquaplay/index.html



AQ1516アクアプレイ ロックボックス
持ち運びラクラク!暑い夏に、どこでも遊べるコンパクトなBOXタイプ
寸法 85×65×22cm
(写真のように広げた状態)
価格 9,500円+税
AQ1520アクアプレイ スーパーセット
向かい合わせで同じように遊べるので、兄弟で遊ぶのにおすすめ
寸法 105×115×22cm
(写真のように広げた状態)
価格 13,000円+税
AQ1535アクアプレイ アクアワールド
遊ぶ場所や人数に応じてコース変更が自在に。シリーズで一番人気のセット
寸法 145×105×22cm
(写真のように広げた状態)
価格 15,000円+税
AQ516アクアボックス カナルロックハーバー【販売終了】
寸法 55x88cm
(写真のように広げた状態)
価格 9,000円+税

夏の虫 夏の花

夏のある日の公園、道ばた、草むら、田んぼ、畑、林など、身近な場所で、さまざまないとなみをつづける虫や花、645種を描いた、新しい形式の図鑑です。(出版社サイトより)

▼ 詳しくはこちら
http://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN483400681.html

対象年齢 4歳~
奥本大三郎
たかはしきよし
寸法 31×23cm
ページ数 40ページ
出版社 福音館書店
初版 1986年05月20日
本体価格 1,500円+税

みつけたよ さわったよ にわのむし

春から夏にかけて、ムシ(小さな生き物)の姿を見かけるようになります。子どもたちの一番身近な遊び場であるお家の庭にもほら、植木鉢をひっくり返すと、いたいた!
ダンゴムシの足は14本だって知っていました? オスとメスの見分け方は?食べ物は?
へぇー、カナヘビがチロチロと舌を出すのはにおいを感じるためなんだ。
ミミズは身体を伸ばしたり縮めたりしながら前に進むんだって。
アゲハの幼虫って小さいうちは鳥のふんにそっくりだね。
そうそう、大人にはムシが見るのもいやっていう人がいるけど、せっかく子どもがムシに興味を持ち、科学しようとしている芽を、「キャーッ!」とか言って摘まないでください。せめて、庭に来るようなムシは触って見せるくらいでないと・・・。いやー、それが無理ならせめてこういう絵本を読んであげて、小さな生き物の世界を大人も知ってほしいですね。

ここがおすすめ!
やさしい文と絵で科学に親しむためのはじめの一歩になる素晴らしい絵本です。

▼ 詳しくはこちら
http://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN483402766.html

対象年齢 2歳~
澤口たまみ
田中清代
寸法 26×23cm
ページ数 28ページ
出版社 福音館書店
初版 2013年03月10日
本体価格 900円+税

ぞうきばやしのすもうたいかい

雑木林の切り株の上で、昆虫たちの相撲大会がはじまる。
カナブンとタマムシ、カマキリとダンゴムシ、オサムシとカメムシ…次々と取り組みが進み、最後は大一番、クワガタとカブトムシの対戦!
どっちも強い。さて勝ったのは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
登場する昆虫たちが精密な美しい絵で迫力満点に描かれている。(版元解説より)
(コプタ通信2016年9月号より 柿田)

ここがおすすめ!
虫たちの特徴を生かしたユーモラスな勝負の行方が楽しい。

▼ 詳しくはこちら
http://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN483408254.html

対象年齢 3歳~
広野多珂子
廣野研一
寸法 22×21cm
ページ数 24ページ
出版社 福音館書店
初版 2016年6月5日
本体価格 900円+税

ちいさな かえるくん

腹ぺこの小さな蛙君、野原で蝶を捕まえようとするが、逃げられる。
れんげ畑にもごちそう!でも、クマバチが怖くて近づけない。
地面を走りまわるクモに狙いを定めても、すぐにどこかへ隠れてしまう。
おや、草むらをするする動くもの…、蛇だ、逃げろ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蛙君は無事に食べものにありつけるだろうか?
(コプタ通信2017年9月号より 柿田)

ここがおすすめ!
自然を観察し続ける作者ならではの、真実に基づいたドラマチックなお話。

▼ 詳しくはこちら
http://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN483408333.html

対象年齢 幼児~
甲斐信枝
寸法 21×23cm
ページ数 24ページ
出版社 福音館書店
初版 2017年5月20日
本体価格 900円+税