インターネットラジオ、はじめました!

最終週の火曜日12:30頃スタートの「ハッピーママサロン」では、子どもの本とおもちゃの専門店「百町森」の店主が、子どもの成長に必要な選りすぐりの本やおもちゃを紹介してくれます。

子どもの本とおもちゃ 百町森

「百町森」は静岡市葵区にある子どもの本とおもちゃの専門店です。
新静岡セノバ、バスターミナルから裏路地を東に歩いて3分くらい。
「子どもは遊ぶことで成長する」という考えのもと、キャラクターものでも「知育」でもない、ロングセラーの絵本や木のおもちゃをそれぞれ5,000種ほど置いています。
子どもの成長を助け、遊びに集中できる落ち着いた環境づくりのお手伝いもしています。
また、絵本、おもちゃに関したパンフレットをオリジナルで沢山つくり、子育てや保育に関した文化、情報の発信地になれるように日々努めています。
<子どもの本とおもちゃ 百町森> http://www.hyakuchomori.co.jp

本の読み聞かせ

2019年6月25日放送

放送を聞く

ベビー人形

子どもは、自分がお母さんにしてもらうことをこのベビー人形にします。学習の第一歩ともいえるでしょう。
3才以上の場合も、ベビーがいることで、すぐにごっこ遊びが始まるので大切な人形です。
ベビーの人形は世話遊びが始まる1才くらいから。世話遊びでは、誰もがお母さんになりたがります。3才を過ぎ、ごっこ遊びが始まってからも、赤ちゃん役をやる子はあまりいませんので、なくてはならないアイテムです。
お世話がしやすい大きさであること、お座りができることも大切なポイント。

▼ 詳しくはこちら
https://www.hyakuchomori.co.jp/toy/c/doll/babydoll/

今回はアーノルド・ローベルの絵本

ふたりはともだち

ロマンチストだけど、ちょっと子どもみたいで、落ち込みやすいがまくんを、知恵をはたらかせて、勇気づけ助けようとするかえるくん。この二人の主人公の見事なかけ合いは、たぐいまれといっていいだろう。

▼ 詳しくはこちら
https://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN457940247.html

年齢 1・2年生~ 内容 64ページ
アーノルド・ローベル 製作 文化出版局
三木卓 初版発行日 1972年11月
寸法 21.0×14.5cm 本体価格 950円+税

とうさんおはなしして

ローベルの中で最も子ども受けする作品。字の中に絵が入っている「だいりょこう」など7つのお話が楽しめてお得。どれも秀逸。

▼ 詳しくはこちら
https://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN457940249.html

年齢 年少~ 内容 64ページ
アーノルド・ノーベル 制作 文化出版局
三木卓 初版発行日 1973年5月
寸法 21×14.5cm 本体価格 854円+税

ふくろうくん

「がまくんとかえるくん」シリーズで有名なローベルですが、私が選ぶ一冊は絶対コレ!
主人公以外誰も登場人物の出てこないフシギな絵本です。笑える、ちょっとしんみりする、共感できる。(相沢康夫)

▼ 詳しくはこちら
https://www.hyakuchomori.co.jp/book/p/ISBN457940255.html

アーノルド・ローベル 内容 64ページ
三木卓 製作 文化出版局
寸法 21.0×14.8cm 初版発行日 1976年11月20日
本体価格 854円+税

過去の放送はこちら